さくらアイコン

イベント概要

HOME > イベント概要

チェリブロ趣旨

地域の生活の中で、子供から大人に至る過程で自然に触れてきたもの・・・音楽、アート、スポーツについて、いま一度みんなで触れてみよう!
そしてみんなで、音楽、アート、スポーツを、衣食住も通じて、楽しもう!

 

このイベントは、「する」ことのみならず、「する」までにいたる過程と「した」あとの次の過程と目標、目的に向かって、みんなの経験と知識とスキル、知恵を持ち寄って考えながら、試行錯誤しながら、新しい地域社会づくり(人が育ち、地域が創られる社会デザインの創造)を行なうことに意義があるということ。そして、「学ぶ」、「遊ぶ」、「働く」、「暮らす(衣食住)」といったことが「生活する」といったことで集約されて、人として“自立と連携”が自発的に実行できる形となって、広域社会で活動するとともに、地域社会で活動できる、ライフステージを確立していきたいといった趣旨であること。

チェリブロ目的

音楽、アート、スポーツを生涯通じて、「する」「支える」「観る(聴く)」といった、いろいろな立場で楽しむこと。そのために、スタッフと参加者、地域住民、地域進出企業(本質的なCSR精神の醸成)、地域行政(実質的なGSR行動の実践)との交流さらに東京都民との交流、外国人居住者との国際交流などを図りながら、みんなが楽しめる環境作りを行なうこと。

チェリブロ概要

名称

15th Anniversary

音楽アートとスポーツの祭典

「ねりま光が丘 Cherry Blossom Festa 2022」

出会いから始まる 無限大 夢と勇気があれば!

日時

2022年3月26日(土)10時~20時・3月27日(日)10時~19時

会場

東京都立光が丘公園  芝生広場・けやき広場

内容

5つのステージを設けて、それぞれコラボレートしてイベント全体を盛り上げて、趣旨・目的を体感してもらう。

①スポーツステージ@芝生広場・けやき広場
各ジャンルのスポーツやレクリエーションのコーナーを設け、ゲーム形式や体験ものを準備する。幼児や高齢者も参加でき、健常者のみでなく障害者も参加(ユニバーサルスポーツ)できる工夫を行う。

【特別企画】グランドゴルフほか、ランバイク・安全運転教室&レース(けやき広場)開催。

②音楽アートステージ@芝生広場
各ジャンルの音楽および音楽に合わせたダンス・踊りなどを一般参加およびセミプロ・プロも参加 し、プログラムに沿って行う。また、団体ごと独自にPRできる場を提供する。

【特別企画】音楽ダンス・大道芸ショー露店(イチョウ通り・けやき広場、投げ銭あり)開催。ご当地アイドルフェスなし。

③模擬店ステージ:参加費@芝生広場(ゲートボール場跡地)・イチョウ通り・けやき広場

フランクフルトソーセージや焼きそば、豚汁など食べ物やビール・ワインやジュースなど飲み物の販売のほか、日本・世界各地の物産展・販売、バルーンやスポーツ・音楽アート・アニメなど図書・雑貨・シャツなどの販売を行う。

【特別企画】ご当地グルメ屋台・キッチンカー、分煙コーナー、占いコーナー(イチョウ通り・けやき広場)開催。

④ダンス&展示ステージ【芝生広場ゲートボール場跡・けやき広場】

フラダンス・チアダンスなど各種ダンスやボールジャグリング・マジック・紙芝居などほか、一般参加のオブジェ作品 展示を行なう特設ステージを設ける。また、協賛企業の商品サービス展示・販売などを併設(けやき広場)して行う。

【特別企画】若手芸人・お笑いライブ、花火・光イルミ・映像、お茶会・ブライダル展、夜桜ライトアップ開催。

⑤カラフルコンボ(アニメ&コスプレ)ステージ@けやき広場

けやき広場を中心として、けやき広場〜イチョウ並木〜芝生広場といった、桜咲く光が丘公園で イベントを仲間同士や参加者ともに楽しむ場を、占い・ゲームやくじ引きなど遊戯の場を提供する。

【特別企画】アニソン・コスプレ&ノーマライゼーション、音楽つながりフェス(特設ステージ)開設。

主催

ねりま光が丘地域力活性化プロジェクト実行委員会

後援

練馬区

練馬区教育委員会

協賛

シナリー化粧品

日本たばこ産業株式会社東京北部支店

協力

ねりまSSC有志

地域生涯学習団体

Kotoca(ロハスフェスタ)

地域ボランティア有志

※中止の場合の条件: 小雨決行。ただし、地震、大雨、大雪、コロナなど不測の事態により、中止を余儀なくされた場合については中止とします。

新型コロナ感染拡大防止策案

今回、1日10時間・面積6,000平方㍍・来場者数20,000人(2,000人/時間・5ステージ×10時間/日×1日の予定、花見来場は除く)
規模のイベント3月26・27日の2日開催にあたり、現時点、以下の対策案を講じることを考えております。具体的な内容・方法に対する感染防止対策資料は別途提出いたします。
※イベント計画にあたり、以下の新型コロナ感染拡大防止策案をお含みおきいただく事と、今回コロナ対応のなかイベント開催を実行または延期・中止するかの最終判断は3月初旬に行う事を前提として、計画したものです。

イベント事業計画・内容

①計画・内容について
人の場所・時間集中を回避するため、人の集中する恐れのある場所や時間帯を開催中にその都度、分散コントロールする ことを目指すため、基本的に会場は、三角コーン・バーで囲い、入退場口を設ける。 そのため、開催できる範囲で比較的、広いエリアかつ1日10時間と長い時間を確保し、エリア分散・時間分散のため、各ス テージを離して配置、エリア区分かつステージ運営時間を1日10時間内で分散することに努める。また、出演者・出展者数は昨年より少なくし、供給と需要(来場者数に見合う)バランスを確保するようにも努める。なお、公衆衛生の意識を高めるとともに、みんなで楽しさを同時体験できる場となるような企画を考えるものとする。また可能な限り、ステージ映像・音響をホームページでもリモート・ライブ配信できるよう企画チャレンジする。

②告知について
今回、地域振興を主とし、主催側による広報は、練馬区および光が丘エリアとしたイベント告知とする。

イベント関係者への対策
(お願い事項)

○全般的な対策として、

・手洗い消毒を入退場時、都度実施する。

・会場内(5㍍以内の近距離および飲食以外)でのマスクを絶対着用とする。

・入退場口ほか要所にて、次亜塩素酸水など消毒剤スプレー・携帯容器を配備、無料使用・配布する。

・入退場口ほか要所にて、額や手首に照射し、非接触・短時間での検温サービスを都度実施する。

・通常の飲食用イスやテーブルは配備しないか配備時は対面2㍍以上か非対面とする(一定場所での滞留時間の削減)。

・ソーシャルディスタンス2㍍原則ルールの周知徹底、実施を促しはかる。

①来場者に対して、

・全般的な対策を周知徹底、実施することを前提として、イベント参加要件とする。特に、ソーシャルディスタンス2㍍原則ルールの周知徹底、実施を促しはかる。

・入退場口ほか要所にて、全般的な対策を周知徹底、実施できるようにポスター掲示および音声案内アナウンスする。

②出演者に対して、

・全般的な対策を周知徹底、実施することを前提として、イベント参加要件とする。特に、ソーシャルディスタンス2㍍原則 ルールの周知徹底、実施を促しはかる。

・ダンスを中心にステージ募集、構成とする。音楽は軽音楽を中心とし、シャウトしないものに限定、マイクなど飛沫や接触 するものは消毒やマイクカバー交換を使用都度、実施する。

・ステージ時間構成は、団体ごとの入替時間10分以上、また、出演者と来場者とが5㍍以上は離れるステージレイアウトと する。さらに状況により、その間に透明なシートを設けて、空間を間接的に遮断する。

・出演者ステージ前一部会場には、あえて一定数のベンチを配置、養生テープでの観覧場所を分散配置る。

③出展者に対して、

・全般的な対策を周知徹底、実施することを前提として、イベント参加要件とする。特に、ソーシャルディスタンス2㍍原則 ルールの周知徹底、実施を促しはかる。

・30出展程度、出展者数を少なくし、来場者数20,000人/日の規模に見合う飲食・物販などの供給量とする。

・出展場所での人の待ち行列に対しては、一定間隔空けて並べるよう、誘導テーピングやパイロン・バーにて並びを分散 コントロールする。さらに、待ち状況に合わせて、人の待ち行列をなくせるよう、整理券や順番待ちカードを渡して、当該時刻にサービス提供できるように準備する。

・出展先に消毒剤スプレー・携帯容器を配備、対面隔離の透明なシートを必ず取り付ける。

・非接触・赤外線体温計による検温をし、検温(37℃以下)した方のみにサービス提供する。

・調理人など出展者は、手洗い・うがいの都度実施、使い捨て手袋着用、テント内では不要な会話は慎む。

・飲食メニューは簡単なものに限定し、歩きながらワンハンドで飲食可能、容器・箸フォーク等を出来る限り使用しないとかとして、滞留時間など少なくなる分、原価率の低いものをサービス提供する(例えば、1〜2時間でいろいろと沢山、飲食してもらえて満足して帰ってもらえるものを考案してサービス提供する)。

・ランバイク大会にあたっては、通常募集の半数参加とし、また、コース設定は一般来場および保護者の観覧・応援場所をコースの周辺にコースとは離し、かつコースに沿って分散配置、エリア限定とする。

④運営スタッフに対して、

・全般的な対策を周知徹底、実施することを前提として、イベント参加要件とする。特に、ソーシャルディスタンス2㍍原則 ルールの周知徹底、実施を促しはかる。

・運営スタッフの本部・案内所および音楽ダンスMC・音響担当スタッフの受付も出展者同様な対策を講じるものとする。

・通常通りのイベント事業計画・内容を見直して、少人数で運営できるよう、出演者・出展者の少数限定参加、来場者も含めたソーシャルディスタンス会場誘導・案内の効率・効果的な方法で行うものとする。

・事前・当日・事後における実行委員会のミーティングも効率・効果的な方法で行うものとする。